2016年のGW in 宮崎旅行 モテないブラザーズ

ザキミヤ観光に行ってきました。

1泊2日で青島→日南→栄松→橘通りの詰込みツアーです!!

モテナイブラザーズのディーン(D)曰く、ザキミヤに半年から1年ぐらい暮らした人が体験する内容を1日でギュッと凝縮した内容になっていたようです。

だから私はほぼ宮崎を制したと言っても過言ではありません。

今回のモテナイブラザーズ詰め込みツアーの内容をまとめてました。

 

■宮崎のソウルフードと言えばあなたはどっち!?『釜あげうどん』vs『チキン南蛮』

 

宮崎は釜あげうどんがソウルフードと言えるぐらい有名な地域です。でも、以外に知られていない気がします。

その一方で、宮崎が発祥と言われるチキン南蛮は県外の人も知る宮崎ソウルフードの代表格ではないでしょうか!?

あっさり系の釜あげうどんと、こってり系のチキン南蛮では、あなたはどちらがお好み!?

 

◆お勧めのうどん屋

■重乃井

宮崎うどんで有名なお店として、まず名前が上がってくるのは『重乃井』ではないでしょうか。長嶋茂雄や王貞治もキャンプの度に通ったと言われています。店内にも、多くの有名人のサインや写真が飾ってあります。

 

わたしが、宮崎うどんをはじめて食べる方に勧めるならここ、『重乃井』です。

 

■岩見

宮崎の観光地である青島の近く(青島駅前)にある岩見。今回のGW期間にはこちらにお邪魔しました。店内に入ると歴代の巨人選手の写真が壁に飾ってありました。

最近の選手で言えば、菅野投手です。

過去の原辰徳監督の写真と同じポーズをして写っていました。うどん屋の歴史と巨人軍の歴史を感じることが出来ました。

また、有名人とし清原容疑者の写真もありました。闇の住人になる前の爽やかな笑顔が確認できました。

 

うどんの特徴は注文を受けてから茹であげることです。注文をしてから10~15分程、時間がかかりますが、茹でたては最高に美味しいです。

うどん以外にも、魚ずしも最高に旨くおすすめです。魚ずしは1個では物足りなく、一人2~3個は食べたくなるはずです。一人で一皿(5個)注文している人も沢山いました。

 

青島に行ったらここ『岩見』でしょう!!

 

■きっちょううどん

宮崎名物無添加煮干しうどんとインパクトあるキャッチコピーを掲げるきっちょううどん。健康作りに貢献し気軽にうどんを食べられる環境を整えています。朝は6~7時にオープンし、価格も低価格で良心的な設定になっています。

 

今回のGWの朝食にこちらを頂きました。

お店がお勧めとしてだしているスペシャルうどん(560円)を注文しました。麺はフニャフニャで食べても食べても無くならないような気がします。まさに「宮崎うどん」といった感じがします。

 

お好みで青とうがらしを入れるとピリ辛として癖になりそうな味になります。

青とうがらしは、お好みで2杯程お入れくださいと書いていました。

店員のおばちゃんにたっぷり入れて食べてねと言われたので、たっぷりいれた方が美味しいのかもしれないと思いたっぷり入れて食べました。

優しいダシが青とうがらしに負けてしまったので、やはり2・3杯がいいと思います。

食べ続けると癖になりそうなあっさり系のうどんでした。

 

食べても食べても麺が無くならないような気がする不思議なうどんを食べるならここ、『きっちょううどん』

 

■戸隠

飲み終わりの〆としてラーメンを食べる人が多いと思いますが、宮崎ではうどんを食べる人が多いです。〆にうどんを食べる文化が根づいています。普通はラーメンだろと思うかもしれませんが、宮崎の釜あげうどんを食べるとうどんもいけるじゃんと思うはずです。あっさりした感じが、疲れた胃にたまらなく優しいのです。

 

宮崎の〆うどんの有名店の一つに戸隠があります。戸隠のつけ汁は柚子の香りがして胃袋を刺激し食欲をそそります。食べてみるとさっぱり甘めの味で『く~~旨い。』つけ汁に生卵を入れて食べるのが人気のようです。生卵を崩すとまろやかになりさらに魅力的になります。

 

食べ終わった後は蕎麦湯のように、茹で湯をつけ汁に混ぜて呑みます。これもまた、宮崎釜あげうどんの醍醐味で癖になり何度も食べたくなります。

 

飲んだ後の〆に一杯といたらここ、『戸隠』

 

◆お勧めのチキン南蛮

■おぐらのチキン南蛮

■くレイトンハウス

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました