一人旅(屋久島)~始まりの森~

日記

AM11:00
サニー号を手に入れた勇者ミサキは
レンタカー屋で情報も仕入れた。

ミサキ「神秘の森に眠る神秘の木に行きたいのですが」
店員「あ・・・あの森は、バスでしか行けないよ。
朝一番しか運行していないんだ。」

聞いといて、よかった!
明日の朝一で行こう!

ミサキ「足慣らしにどこかありますか?」
店員「もののけの森かな?」

ミサキ「モノノ怪?」

どんなお化けがいるのだろう。
勇者ミサキは不安と希望を胸にモノノ怪の森に向かった。
途中、よろず屋でおにぎり2個とスポーツドリンクを購入し、
山道をどんどん登っていく。

10分ぐらい上っただろうか!

絶景である。

「フォー!フォー!」

無意識に声がでる。

勇者ミサキは雄叫びを覚えた。
AM12:00

モノノ怪の森の入り口につき、冒険開始!

少し時間が遅かったのか・・・周りに冒険者が少ない・・・

ん?しかも変な違和感を感じる
なんか自分の格好おかしくない?

勇者ミサキはようやく気づいたのである。

装備を整えていないことに
しかし、ここで引き返すと勇者の名が廃る

布の服
布のズボン
軽い靴
小さい鞄

で冒険を開始した。

 

 

冒険を開始してまもなく、
根っこの大群が勇者ミサキの足を襲いかかる。

 

何という道だ、気を抜くと足に絡みついてくるのではないだろうか

 

冒険中盤にさしかかったのか、

ようやく、前の冒険者に追いついた。

 

冒険目的地

 

ここは言葉では伝えられない。感動だ!

覚え立ての雄叫びを使った。

「フォーーーーー!!!!」

周りの冒険者は震え上がった。
周りの冒険者は冷たい目で勇者ミサキを攻撃した。
帰りは別のルートを通り、

PM4:30

何とか、無事に冒険を終了した。

タラタッラター
勇者ビスはレベル2になった。

 

 

 

 

 
あれ?ボスは?
化け物は?モノノ怪は?

まぁいいかぁ!

※冒険をした森は白谷雲水峡と言い映画「もののけ姫」のイメージになった森。
山頂の太鼓岩からの景色はあまり感動しない自分でも、心に「おぉぉぉ!」っと思わせる感動をした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました