民法 370条 (抵当権の効力の及ぶ範囲)

◆370条 (抵当権の効力の及ぶ範囲)
抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その目的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に付加して
一体となっている物に及ぶ、ただし、設定行為に別段の定めがある場合及び第424条の規定により債権者が債務者の
行為を取り消すことができる場合は、この限りではない。
~参考~
424条 (詐害行為取消権)
債権者は債務者が債権者を害することを知ってした法律行為の取消しを裁判所に請求することができる。
ただし、その行為によって利益を受けた者又は転得者がその行為又は転得の時において債権者を害すべき事実を知らなかった
ときは、この限りではない。

 

■内容■
土地や建物に設定した抵当権の効力は、建物の入り口扉や雨戸など一体となっているもの(付加一体物)にも効力が及びますよ。

・付加一体物の範囲は判例と多数説で分かれる。
・付加一体物に含まれる範囲
判例:付合物+従物(抵当権設定時に存在ありの物のみ)
通説:付号物+従物

判例の考え方:従物は付合物に含まないが、87条2(従物は主物の処分に従う)により抵当権設定前の従物については含む。
通説の考え方:抵当権は目的物の交換価値を把握するのもで、不動産と経済的に一体をなす、付合物と従物の両方を含む。
従物の例(抵当権設定前に存在する時は効力が及ぶ)
・建物における畳・エアコン
・石灯籠、庭石
・ガソリンスタンドの地下タンク、洗車機(これも従物w僕のイメージでは付合物wでも、判例基準!!!)
■最後に■
自分の勉強用としては内容の説明じゃなくて要点だけまとめたらいいのかな?
内容を考えるのと要点をまとめるのと、どっちが頭にのこるかな・・・
頭に残りやすいことを今はした方がいいかもな

コメント

タイトルとURLをコピーしました