第9地区をみたなう。

いつものツタヤに足をのばして、「第9地区」を借りてみた。
エイリアンが当たり前に存在していることを認めている設定で、
エイリアンを住まわせている地区。
それが、第9地区だった。

近い将来、本当にありえるのではないかと感じてしまうぐらいの感覚で。
最後まで、テンポよく観れた面白かった。
しかし、実際の内容はおくが深く社会問題を大きく取り上げ、また過去の過ちを忘れないように
作り上げた作品ではないかと思う。
ストリーは南アフリカの上空に宇宙船が止まったところから展開していく。
この意味する実際の映画の背景には南アフリカの社会問題をエイリアンなど様々なものに
置き換えて表現しているのかもしれない。

いろんな問題を物とかに置きかえて、観る人の感覚によって様々な社会問題を連想させられる。
もちろん南アフリカをモデルにしているから、
なにかしらの社会問題を作品にしている事は間違いないだろう。
なんといっても、一番自分の感覚で面白く感じたのは、最初は醜いエイリアンを
映画の最後ぐらいでは、普通に存在する当たり前の人として。
少し応援していたかもしれない。
人の感情って面白いもんだなぁって思うよね。

なんだか不思議でみごたえのあるなぁw

コメント

タイトルとURLをコピーしました