獺祭を発見したので正月はこれで決まり!天文館コセド酒店

年末ですね。

気温変化に体が追い付かず体調を崩しています。体調を崩してからもなかなか治りません。

1週間ぐらいグズグズ、ゴホゴホしています。

そろそろ治りそうな気がするけど・・・ここ2、3年前から治りが遅くなりました。そして必ず、年に1、2回ぐらい体調を崩してしまいます。

 

そんな、こんなの年末に年明け用の日本酒は何がいいか考えていました。

年明け用のなのでちょっと、贅沢なものが良いかなと!?何にしようかな!?と考えていました。

 

久保田にしようかな!?

百寿かな!?千寿かな!?紅寿かな!?碧寿かな!?

萬寿には手がでないかな!?

 

八海山かな!?

本醸造かな!?吟醸酒!?純米醸造かな!?大吟醸には手がでないかな!?

 

そしてお店に出掛けることにしました。

鹿児島で有名なコセド酒店に行ってみました。

 

日本酒コーナーをみると・・・

獺祭!?

獺祭!?

あの獺祭だ!!

 

お店に販売されているのをはじめてみました。

これは買うしかないだろ!!と思いました。

 

販売されていたのは、遠心分離2割3分、遠心分離3割9分、2割3分、3割9分、純米大吟醸50販売されてました。

 

2割3分木箱入りを買うか、3割9分を買うか迷いました。木箱いらないけどな~と思いながら、でも手が出ないな~とも思いながら、それでも正月用だしなぁ~贅沢してもいいよな~などいろんな感情が出てきました。

 

店内で迷うこと20分、私が出した結論は、「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分」

いろんな感情の末、貧乏性の感情が勝って3割9分になりました。

 

ただ、3割9分も通常のお酒より高価で希少な物なので、

お正月にゆっくり、

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を」

楽しみたいと思います。

~参考ページ~

・鹿児島の地酒専門店 コセド酒店 天文館店

コメント

タイトルとURLをコピーしました