平成26年九州場所 予測と結果

今頃になって平成26年11月場所(九州場所)を振り返ってみたくなった。
それは昨日、鹿児島で冬巡業が行われたからちょっと気になた。

秋場所で逸ノ城(いちのじょう)こと、逸っちゃんが活躍したときブログを書いて九州場所の簡単な予想をしていた。

予測はこちら → 九州場所予測

僕の予測は、先場所の様な好成績(13勝2敗)は残せないだろうと書いた。
まぁ、曖昧な予想だ。
13勝2敗は横綱でも毎回取れる数字ではないのに。
それはさておき、

結果は僕の予測と近い!?のかな。
8勝7敗だった。

しかし、関脇の地位で8勝と勝ち越しするんだから逸っちゃんの勝ちのようなものだろう。
まさか関脇の地位で戦うとは前回のブログの時には想定していなかったもんな。

後は白鵬にV32を簡単にさせてしまったなぁ。
白鵬は6日目に黒星(土)がついて追う立場だったとコメントしていたと思うが、最終結果は白鵬が他の力士を全く寄せ付けない強さだ。
日馬富士や鶴竜など他の横綱と比較しても差が大きすぎる。

そして白鵬V32達成し優勝インタビューもカッコよかった。

「この国の魂と相撲の神様が認めてくれたお陰で、この結果があると思います」

「明治時代の初期。大久保利通という武士と明治天皇が(相撲という)長く続いた伝統文化を守ってくれたそうです。その中で天皇陛下に感謝したいと思います」
こんなコメント日本人でもできないぞ。
さすが、白鵬だ。
年下のくせして凄い奴だぜ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました