霧島温泉郷 天降川温泉 ホテル華耀亭(かようてい)の露天風呂・懐石料理を満喫!!

2016/02/16

年末年始の繁忙期を避けて1月中旬の落ち着いた時期に ホテル華耀亭に宿泊しました。

天降川沿いにあるホテル華耀亭の門をくぐり入口前にくると華耀亭の方が出迎えをしてくださった。

ワオー緊張するじゃないかいと思った。既に華耀亭の雰囲気にのみ込まれていた。

「車はこちらで預かります」と言われキーを渡した。

「荷物をお預かりします」と言われたが、僕の荷物はパンツとTシャツだけを入れた小さなエコバッグ。それだけだった。

恥ずかしかったが、『お願いします。』とエコバックを手渡した。

大きめの台車に小さなエコバックがポツンと置いてある。

心の中では、ちゃんとした鞄に入れてこれば良かった~と嘆いた。

 

受付を済ませ景色が良いロビーで緑茶とお菓子のおもてなしを頂く。

ここの景色は絵に書いたように美しい。

華耀亭の雰囲気と景色に完全にのみ込まれた。

 

一息おもてなし休憩を受け部屋に案内された。

部屋に入ると広い。広い。

 

華耀亭の部屋 窓側

 

華耀亭の部屋 入り口側

 

部屋からの景色も綺麗。綺麗。

 

華耀亭の部屋からの景色

 

華耀亭の部屋からの景色 川がきれい

 

部屋からの景色も満喫したあとは温泉に入り夕食にした。

夕食は部屋に料理を運んでくれるのでゆっくり食べることができた。

 

料理も旨い。旨い。

 

華耀亭の部屋で夕食 お品書き

 

華耀亭の部屋で夕食 3種の珍味

 

華耀亭の部屋で夕食 お造り

 

華耀亭の部屋で夕食 焼き物

 

華耀亭の部屋で夕食 お吸物

 

気づいたら飲み潰れて朝だったww

 

朝の露天風呂は最高だった。

2種類の露天風呂があり、1つは鬼のすみかと言われ非日常空間に浸ることができた。

 

部屋に戻り朝食が運ばれてきた。

朝食のボリュームも凄い!凄い!

 

朝食時間をゆっくり過ごし、帰り支度をした。

小さなエコバックを持ち受付に向かう。

 

チェックアウト時間が数組重なった。

みんなしっかりした鞄を持っている。

 

華耀亭で一日過ごした僕はもう雰囲気にのまれることはなかった。

そう僕はエコな男なんだと自信をもって受付を済ませた。

 

「お客さまお荷物のお忘れものはなかったですか?」

 

『えぇ。持ってますよ。』

 

エコバックをみせ微笑み背をむけた。

受付の方には、僕の後ろ姿はきっと大人の男にみえたに違いない。

~周辺観光地~

・犬飼の滝(龍馬とお龍の新婚旅行で龍馬が絶賛した『犬飼の滝』)

~参考情報~

・(HP)鹿児島県霧島 天降川温泉の露天風呂|ホテル華耀亭

・天降川 - Wikipedia

-温泉,