面接用の転職理由に迷ったら、こんな解決法を考えてみました。 (面接対策)

今日は面接対策で聞かれそうな『転職理由』を考えました。
一番聞かれそうな、『転職理由』はやはりなかなか面接向けの答えがでてきません。
本当の転職理由は、

1、今の会社で10年先が想像できない。
2、業務内容がつまらない。
3、業務成果に対して正当な報酬を受けない。
4、報酬がないと考えた時の営業業務ストレスの割合が高い。
5、上司とコミュニケーションを取るのにストレスを感じる。

などなど、転職理由となる不満を考えれば沢山でてきます。

でも、面接で答える『転職理由』として本当の『転職理由』をそのまま言うわけにはいきません。
そのまま言えば、ただ不満を言っているだけで面接官へ好印象は残すことはできないはずです。

もし、転職理由となる不満をそのまま面接で「現状の業務内容がつまらないです」と答えると、
面接官から「うちでも同じような単調な業務だよ」とか、「毎日同じ業務だから1~2年で慣れてきたらつまらなくなるかも知れませんね」なんてことを言われたり、思われるても仕方がありません。

でも、考えても考えてもなかなか、面接で答えることが出来そうな『転職理由』がでてきません。

それでも、「あ~何って答えようかな!?」とずっと考えていたら、ようやく何となく面接対策の道筋がみえたような気がしました。

その方法は、『転職理由』となる不満を少し掘り下げてみる!です。

例えば、

「1、今の会社で10年先が想像できない」を掘り下げていくと、

なぜ?10年先が想像できないのか?

「企業の安定性がなく先がみえないのか!?」「今後の社内での地位の向上がない!?」「今後の給料アップが見込めないのか!?」
↓                 ↓                    ↓
なぜ?安定性がないのか?        「キャリアプランがしっかりある企業に転職」 「給与・報酬重視の企業に転職」

「中小企業だから、ベンチャーだから」

なぜ?中小企業(今の会社)だと安定性がないと思うのか?

「意思決定がしっかりしていない。ワンマン経営」

なぜ?を3~4回か繰り返して、具体的にする。

「安定性がある企業に転職」

なぜ?を繰り返して何回か掘り下げる事で10年先がなぜ想像できないのかはっきりしてきます。
自分では転職したいと思った理由やきっかけは分かっているつもりでいたのですが、実際には気持ちが先に走って転職したいと思っていたので、
転職理由が嫌だから辞めると抽象的になっていました。
抽象的だったから、面接で相手に伝えるような場合の転職理由がでてこなかったんだと思います。

なぜ?と掘り下げて具体的になったので、後は今(中小企業)の状況と、転職することによって転職先の企業ではどうなるのかをプラス思考で伝えることが出来たらいいのかな!?と思います。
なぜ?を繰り返すと本質的な原因まで見えてきますが、今回は原因解決ではなく、転職理由がです。
この方法で、自分なりの転職理由を作ってみようかな。
例1の場合の転職理由

・私は○年間経理事務を行ってきました。
中小企業で勤務していたということもあり経理事務に全般的に携わっていました。
○年間の業務を通して経理事務の全体的な流れを把握することが出来ました。
また、それと同時に○○の分野(経理・財務・会計・飲食業の経理・運輸業の経理など)に専門的に携わりたいと思いが強くなり転職のきっかけになりました。
今後は、今まで培ってきた経験を生かし、さらに○○業務に従事し、御社に貢献したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました