蒙古の覚悟はあるのかい

その名も『蒙古タンタンメン 中本』
これ、めっちゃ辛い!

どれくらい辛いか?

「はぁ?食べてみろ!」

と言いたくなるぐらい辛い!

20141010_234944

分かりにくいかもしれないから分かりやすく言うと、次の日にお尻が痛くなるぐらい辛い。
本当に辛いものは2度、辛さを感じる。

1度目は口に入れた瞬間に「辛!!」いや「痛!!」と感じる。
2度目には翌朝、具体的には言えないが「辛!!」いや「痛~~~~い!!!」と感じる。

だけど辛い味は癖になる。
この蒙古タンタンメンはなんか癖になる。

でも、本当に辛いから、初めての人は食べれないかもしれない。
チャレンジしたら苦痛で面白いかも。

慣れていても、食べてすぐに胃が慌てだす。

「おい!お前なに食ってんだ!」

「食っていいものと悪いものがあるんだぞ!」

「これは・・・言うのはやめとくが、俺はびっくりしてるんだぜ」って感じでグルグル唸りだす。

でも、なんで辛いのって癖になるんだろう!?
辛いのを週に1~2回は食べってしまう。
なんでだろう?なんでだろう?と思い検索してみました。

『辛いものは癖になりやすい』
・辛さを「味」ではなく「痛み」として脳に伝える。
痛みととらえた脳は危険と判断し「アドレナリン」「エンドルフィン」という痛みを緩和して幸福感をだす物質を作り出す。

とか、

「痛み」が「快楽」に変わるマゾヒズムのように、脳内の麻薬物質が盛んに分泌されるから
ということが書かれている。

やばいよ!やばいよ!(出川哲郎)

やばいよ!やばいよ!癖になりすぎてアスカさんみたいに
「Ya-Ya-yah 」しないように、ほどほどに食べないといけないね。

ちなみに、同じ種類で蒙古タンタンメン 北極だったかな!?これはさらに旨くて辛いよ。
ただ覚悟は必要だね。

20141010_234941

-