辛いぞ!麻婆丼!鹿児島王将

餃子の王将には京都王将(本家)、大阪王将、鹿児島王将と3種類の店舗があるみたい。
僕は鹿児島王将と大阪王将にいったことがある。
なかでも、鹿児島王将は頻繁にいく。
今回は頻繁にいく、鹿児島王将の麻婆丼の紹介をしたいと思う。

なぜ麻婆丼なのか?
それは、辛いから。笑

このブログで、何個か辛い食物を書いているが王将の麻婆丼もこれまた辛い。
鹿児島王将全てのお店で同じだと思うが、僕がよく行く王将は鹿児島中央駅のお店だがここの麻婆丼は確実に辛い。
辛いもの好きにはたまらないと思う。

麻婆丼以外では王将の名物は、お店の名前にもなっている餃子だ。
お店に入った瞬間に「餃子何枚!?」ときかれる。
いきなりの質問にとりあえず人数分頼んでしまう。
餃子をやくのは時間がかかるから入店と同時に注文するスタイルのようなんだが、いつも思考が働かない間にサっと決められちゃうような感じ。笑
慣れてくると、お店に入る前から餃子食べようかどうしようかなっと決めてから入るようになる。

その他の人気メニューは、天津飯だ。
他の王将の天津飯よりアンの色が茶色い、酸味があり、甘辛い味。
おそらく、天津飯が1番人気のメニューではないかと思うぐらい人気メニューだ。

【お勧め度】5星評価
★★★

【メニュー】
麻婆丼
餃子
焼飯

【場所】
鹿児島中央駅

-