プリンセストヨトミをみた。

録りためている映画がどんどん溜まる一方で録画可能時間が少なくなってきた。
映画を観ずに削除しようかとも思ったが、せっかく録画したので、プリンセストヨトミを観ることにした。

《プリンセストヨトミ》

大阪が全機能停止!

大阪の街に人が一人もいない!!

大阪に何がおきた?

そんな、大阪の街を綾瀬はるかが、揺らしながら走っている。

キャッチコピーと綾瀬はるかの走る姿を観たら観ちゃうでしょ!

でもね、あまり面白くないんです。
ストリーは面白そうな感じなのに内容はガックリ。

ストリーは会計検査院が実地調査で東京から大阪に訪れ検査して回る。
検査中に、不審な財団をみつけ徹底的に検査するが、変わった様子はない。
でも何かがおかしいと敏腕検査官の松平(堤真一)がさらに徹底的に検査を進めることで、約400年間守られてきた大阪の秘密が発覚し大阪中を巻き込む大騒動に発展する・・・。

豊臣、徳川、関ヶ原と歴史に絡めた秘密にはどんな展開になるんだ!と心踊らされたが・・・。

それにしても、堤真一と中井貴一はかっこいい!!
薄っぺらい議論をさせてもかっこいい!!

自分も彼らのようなかっこよく、味がある男になりたいぜ。

ただ、映画は観なくてもいいと思う程お勧めできない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました