2016年大河ドラマ『真田丸』第2話『決断』をみた。~上杉家と北条家のどっちに仕えるの?大きな決断の行方は~

真田。丸岩櫃城じゃないよ松本城だよ 大河ドラマ

真田。丸岩櫃城じゃないよ松本城だよ

大正10年(1982年)。遂に名門武田家が滅亡した。偉大な父・武田信玄を超えることができず、家臣に裏切られ悲しい最期だった。
武田を裏切り織田側・徳川側に付いた家臣もまた、織田や徳川側からしても信用できない者として扱われたり、裏切り者として殺された。

人って簡単なようで複雑ですね。

主君を亡くした真田家も今後の乱世を生き抜くために真田家として生きるのか、上杉家に仕えるか、または北条家に仕えるか岐路にたたされた。
真田昌幸が出した決断は・・・。

織田家に仕える!?

元主君を殺した相手の懐に飛び込むとはなかなかの決断ですね。
今後の展開が気になります。

あ!!ちなみに、このブログの写真は、岩櫃城ではなく松本城で~す。www

・真田丸HP(NHK)

~関連ブログ~
・2016年大河ドラマ『真田丸』第1話『船出』をみた。~真田丸という小さな小舟が乱世の中に飛び出した~
・2016年大河ドラマ『真田丸』第3話『策略』をみた。~敵をだますにはまず味方から~
~真田丸ゆかりの地~
・岩櫃城(wikipedia)
※織田側に攻められた武田勝頼が新府城から逃げる際に、真田昌幸が岩櫃城へと提案した。勝頼は岩殿山城へ向かうことを選択したが、裏切られ自決した。
・岩櫃山(wikipedia)

コメント

タイトルとURLをコピーしました