SPI3対策 勉強その2  単語を勉強したよ

はい!今日も転職にむけて勉強します。
日本郵政の試験対策はWEBテスティングでした。
SPIテストセンターは間違いでした。
日本政策金融公庫と日本郵政では試験の内容に若干の違いはあるけど、
基本的な問題は同じだと思われるのでまずは基本のSPIをできるように特訓していきます。
SPIの試験がインターネットから27日までに受けないといけないようで、今日からもっとSPIに力を入れていきます。
では、今日も、自分のわからない単語の意味をまとめていきます。

■単語■
角逐(かくちく)  互いにきょうそうすること
比肩(ひけん)   匹敵すること
席巻(せっけん)  激しい勢いで、自分の勢力範囲を広げること

熾烈(しれつ)   勢いがはげしいこと

雪辱(せつじょく) 恥をすすぎ、名誉を取り戻すこと。

屈辱(くつじょく) 恥をかかされること
精進(しょうじん) 一つのことに集中し、懸命に努力すること
克己(こっき)   自分自身に打ち勝つこと
腐心(ふしん)   物事を成し遂げるために苦労すること
傾注(けいちゅう) 1つの物事に力や精神を集中させること
帰納(きのう)   個々の具体的な事柄から、一般的に適用するような法則を導き出すこと。
演繹(えんえき)  帰納の反意語。一般的な法則から個々の具体的な事柄を導き出すこと
精悍(せいかん)  動作や顔つきが鋭く力強いさま。 「精悍な目つき」
漸次(ぜんじ)   しだいに 「規模が漸次縮小する」
光陰(こういん)  月日や歳月
一隅(いちぐう)  片隅
時宜(じぎ)    ちょうどよい時期
暫時(ざんじ)   しばらくの間
推敲(すいこう)  詩文などの字句や表現を最適なものにするため、何度も練り直すこと。

2014・10・25更新

コメント

タイトルとURLをコピーしました