平成28年大相撲 初場所 琴奨菊!初優勝 日本人力士としては10年ぶりの快挙!

琴奨菊のルーティン、琴バウアー スポーツ

琴奨菊のルーティン、琴バウアー

千秋楽、 琴奨菊にとって 勝てば初優勝がかかった大一番。
対戦相手は今場所不調の豪栄道。

琴奨菊が一気の出だしで土俵際まで追い詰めた。豪栄道もなんとか出足を止めたと思ったが、 琴奨菊の前にでる圧力が凄いのだろう。
土俵際まで追い詰めた後は後ろに払い、突き落としで勝負が決まった。

この瞬間、 琴奨菊、初優勝が決まった。

日本人力士が10年ぶりの優勝と快挙だった。
優勝インタビューでは,
「言葉に表せないぐらい本当に嬉しい」
と喜びを表現した。

勝てば優勝がかかる大一番にむけては、
「一日中ルーティンでした」
ルーティンの1つが『琴バウワー』のようだ。

今までの成績が不安定だから期待は高くないが、来場所は綱取りの可能性もある。
若乃花以来の日本人横綱目指してドスコイ。

~夏場からしていたトレーニング~
ケルトベルというトレーニングらしいが自分を追い込んでます!
地道な努力があっての優勝なんだと感心しますが、
追い込みすぎてなんだか笑えるのはわたしだけ!?

 

琴奨菊関ケトルベル100回

~関連ページ~
・琴奨菊V 瞬間最高29・2% 地元北部九州は38・0%
・琴奨菊の優勝、「もらい泣き」続出
・琴奨菊 強さの裏にトレーナーの支え
・琴奨菊の「YouTubeで取って聞きました」発言に違法ダウンロードの可能性

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました