【クラウドワークスで案件獲得】初期登録で契約率が28%アップ

クラウドソーシング

クラウドワークスで、案件を獲得するために重要なことは、自分のプロフィールを整えることです。自分が誰で、どんなことが出来るのかを、依頼者に分かり易く伝えることが大切です。あくまでも自分のできること、現時点での能力をアピールしましょう。そして、自分のアピールを、どのようにすれば相手によりよく伝わるかのポイントをまとめました。参考にしてください。

最初に2つの設定をすることで契約率が28%高くなる

クラウドワークでの案件獲得

プロフィールを整える(案件獲得している人を真似しアレンジする)

実績があるユーザー(4~5名)のプロフィールをチェックして真似る

クラウドワークでは、既に実績をあげているユーザーがたくさんいます。最初は、自分が依頼者の気持ちになって、実績をあげているユーザー数名(4~5名)のプロフィールをチェックしてください。その時、なぜそのユーザーを選んだかを考えてみてください。私の場合は、実績数やアイコンをみて選んでいました。そして、それは数秒の瞬間で判断をしていました。
プロフィールを読んでもらうには第一印象です。最初の数秒で判断します。アイコンを魅力的にする?最初のあいさつ文(4~5行)を魅力的にする?どうすれば魅力がでるか考えて改善をしましょう。 

アイコンの作成・設定をする。(清潔感・明るく・親しみ)

実績数は地道に努力を継続するしかありません。しかし、アイコンの設定はすぐに行動できることです。すぐ行動できることはすぐに改善をしていきましょう。一般的には顔出しがある方が信頼性は高くなります。しかし、顔出しをしたくない方もいると思います。顔出しをしなくても明るい、清潔感がある、親しみがある、などのイメージからアイコンを選ぶことがお勧めです。アイコン作成に悩むときはココナラで作成依頼をするのも一つの手です。有償ですが、自分で全てせずに得意な人に頼むことも時間活用では大切です。

共通点は真似をして取入れて行こう

あなたが4~5名選んだ方々の自己紹介を読んでいくと、大抵の方で共通しているポイントが見つかるはずです。例えば、「納期厳守で迅速に対応します」などは大多数の方が書いています。私自身の感覚では、納期厳守は書いても書かなくても、どちらでもよいと思っています。それは、納期を守るのは当たり前だしプロフィールにその一文があるか、無いかよりも、丁寧なプロフィールかどうかの判断は、それ以外の全体的な作りで判断できると思うからです。しかし、大多数の依頼者がいて様々な考え方があるので明文化することをお勧めします。
理由は、些細なことで選ばれないのは勿体ない。細部までこだわれると、他の部分も丁寧にやろうと意識が高くなる。また、そのように思う依頼者がいるかもしれないからです。

そして、それ以外の共通点として大切だと思うポイントは、読みやすい構成で作成・読みやすいシンプルな文、又は箇条書きになっていることです。人それぞれフォーマットは違っても、読みやすくスッと頭に入ってきます。それは、ライターにとって大切な要素になります。ライターの記事は誰のために書いているのか、記事で人のお役にたてるのか?人を動かすことができるのか?のポイントが重要になります。実績がある方は自然とそのような文を書きます。最初はシンプル文、人に伝える文を意識してプロフィールを作成することをお勧めします。

自分が響いた言葉をチェック

実績がある人のプロフィールを読むと、輝かしい経歴や資格が目に留まります。自分には、そんな経歴や資格がないと落ち込んでしまいそうになりますが、現状を受け入れて進むしか道はありません。プロフィールの中でも、自分が「お!」と思える表現が出てきます。その表現で、なぜ響いたかを考えて、自分でも取入れられるようにチェックしましょう。

例えば、「3年のライター経験があります。」という紹介文よりも、3年間の経験を肉付けして

[参考]
3年のライター経験【実績】金融記事作成:積立NISA、iDeCO、クレジット関連
             健康記事作成:断食、朝起き、ダイエット関連 
             他多ジャンルの記事作成経験あり
             ※WordPress 投稿・リライト対応致します。
             ※基本的なSEO知識あり
            

このようにアピールしたほうが「お!」と感じる部分は増えてきます。

本人確認書類の提出をする

プロフィールを整え「本人確認書類」を提出することで、応募をしたお仕事の契約率が28%も高くなるようです。
後々、本人確認書類を提出しようと考えている方は、最初から本人確認をして効率よく仕事を受注することをオススメします。

履歴書と似ている

案件の競争から自分が選ばれる為に

今、提供できる価値は何かを常に考えよう

高校や大学のときに、就職活動をして履歴書を書いたことを思い出しましょう。就職活動と案件を獲得することは似ています。それは、相手が求めているものが何かを考えて、今の自分で提供できる価値をアピールすることです。就職活動では、企業研究で経営理念、力を入れている商品など調べて、企業の目指している方向性を想像して、その将来像に自分が提供出来る価値をアピールしました。

クラウドワークの案件も似ています。依頼者が求めているものに、提供できる価値は何かを常に考えることです。新卒の就職活動と違う点は、将来のビジョンや成長をアピールするのではなく「今、提供できる価値」をアピールすることです。

今、提供できる価値は本当に無い? 無い時は人間の欲求がポイント

アピールする価値が無いと思ったときは、今からでも遅くないです。少しずつ実績を作っていきましょう。実績がないと思う方は、自分が運営しているサイトやSNS、ブログも一つのアピール商品になります。SNSを継続していてフォロワーが多ければ、そこをアピールすることができます。全くないという方は、今からでもブログやSNSをスタートしましょう。そのときに作成するテーマのポイントは、人間の本質的な欲求関連です。本質的な欲求は普遍です。言葉や形は変わっても本質的な部分は変わらないので、勉強したことが無駄になりません。本質的な欲求の知識で、ニッチな部分を掘り下げていくとチャンスが多いと感じます。例えば「お金・学び・健康」の今のワードだと「金融(NISA)、英語、オートファジー」などです。このように欲求を掘り下げて少し勉強するだけでも他の人と差別化ができます。

契約率を28%アップする方法のまとめ

契約率を28%アップする方法は、プロフィール+本人確認書類の提出をすることです。本人確認書類を提出することで、クライアントとの信頼関係を築きやすくなり契約率が高くなるようです。本人確認書類を提出するだけで28%もアップするなら、本人確認書類を提出するか迷っている人は早く提出して効率的に活動をしましょう。

プロフィールについては、高校時代や大学時代の就職活動を思い出して、相手に伝わるようにアピールしていきましょう。また、実績がある人を真似して、自分のものにアレンジし常にプロフィールを磨くことを意識しましょう。
案件獲得に向け一緒にがんばっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました